リフォームの歴史を振り返って、今改めてその重要性を考えよう

満足いく家庭をリフォームで作ろう

住宅を綺麗にしよう

リフォームのタイミングの目安を知って工夫して行う

住宅のシステムキッチンやシステムバス、クロスなど全ての箇所は適切なリフォームのタイミングあります。このタイミングよりも早く行えば、無駄な出費が生じやすいですし、逆に遅いようだと補修が多くなってリフォーム費用がかさんでしまいます。このためリフォームのタイミング目安を知って、工夫して適切な時期に行うことが重要です。 例えばシステムキッチンならば一般には耐用年数は15年から20年くらいです。シンクの汚れや劣化が目立ち始める時期やサビ等が発生しやすくなるのが、この期間となります。 システムバスも15年から20年ほど、トイレは10年から15年ほどが目安となります。屋外の外壁は10年ほどが目安となります。このように適切なリフォーム時期があるので、それを見極めた施工をする工夫が理想的です。

防犯性とデザイン性を両立した外構工事が最先端のトレンド

現在の外構工事リフォームでの最先端のトレンドは、防犯性とデザイン性を両立させたセミクローズスタイルの実現です。 住宅外構にはクローズドスタイルとオープンスタイル、そしてセミクローズドスタイルがあります。クローズドスタイルは住宅の周囲の境界線を塀や門扉で完全に囲うスタイルです。旧来の日本住宅などもこのスタイルが一般的です。オープンスタイルはこの逆で、住宅の四方を極力壁などで覆わないスタイルとなります。 セミクローズドスタイルはオープンとクローズドの2つの間を取ったスタイルで、現在のリフォームで人気となっている外構スタイルです。適度に壁を設けることで防犯性を考慮しつつ、開放性も確保するため住宅デザインに幅が出やすくリフォームもしやすいというメリットがあります。