リフォームの歴史を振り返って、今改めてその重要性を考えよう

満足いく家庭をリフォームで作ろう

魅力的に変える

日本も環境に優しい中古住宅の魅力が出てきた

日本は国土が狭いこともあり住宅価格が海外に比べると格段に高くなっています。狭いにも拘らず日本人には一戸建て住宅への執着が大きかったようです。生活の利便性を重視する人が増加するにつれて一戸建て神話は崩れてきており、マンションや中古住宅に対するニーズも増加しています。新築に拘らない人も増えてきておりリフォームへの抵抗感も少なくなっています。中古住宅をリフォームして新築と変わらないようにする技術の進歩も後押しています。一戸建てでもマンションでもリフォームやリノベーションと名称はいろいろですが、中高住宅を売買する市場が形成されつつあります。現在の日本には世帯数を上回る住宅が存在し、空き家が800万ことも言われています。

今後は膨大な空家をどうするかが問題

日本で大きな問題になっているのは空き家の問題です。空き家は安全という面でも心配で、見知らぬ人が住み着く懸念もありますし、火災の心配もあります。空き家をリフォームして市場に出すような仕組みが必要です。また、空き家は限界集落と呼ばれるようなところにも多いようです。人が住まなくなっているのですが、家をとおり壊すのにも費用がかかるので放置されているというのが実態です。オーナーの許可を得て、行政サイドで取り壊しを行い、火災等があった時にも延焼しないようにすることは重要なことです。最近は地方創成や地方回帰が叫ばれておりますので、空き家を行政サイドで買い上げてリフォームを行い定住者を募集するという工夫で地方を活性化することも出来ます。