リフォームの歴史を振り返って、今改めてその重要性を考えよう

満足いく家庭をリフォームで作ろう
  • 魅力的に変える

    どんなに古い住宅でも、リフォームを行なえば魅力溢れる住宅に変えることが出来ます。また、リフォームを行うと、自分の理想としている住宅に変えることが可能になるのです。

    ▶もっと読む

  • 価格と関係性

    エアコン工事は、行う必要があります。なぜなら、エアコンには寿命があるからです。長期間使っていれば、エアコンが壊れることもあります。ですから、エアコンが壊れる前にエアコン工事を行うようにしましょう。

    ▶もっと読む

  • 流行と業者

    エクステリアは、エクステリアを扱っている業者に任せる必要があります。その中でも工務店は、自分の要望に答えてくれます。ですから、安心して工事を依頼することが出来ます。

    ▶もっと読む

  • 住宅を綺麗にしよう

    リフォームで自分の個性を演出するには、デザインを上手に選ぶことが大切です。また、リフォームの目安を知る事も必要になります。ですから、リフォームをする際は、デザイン性と目安を考えることが大事です。

    ▶もっと読む

満足いく家庭をリフォームで作ろう

重要性と価格

リフォームの重要性について

リフォームをする場合に知っておきたいことは、その歴史についてです。リフォームの歴史は、1970年代にさかのぼりますが、当時 日本にリフォームが入ってきて間もない頃、リフォームという言葉や全国的に有名になっていきました。 ただ、リフォームはそれほど流行りませんでした。その理由は、当時の考え方がスクラップ&ビルドという考え方があったからです。 しかもリフォームをしようと思っても、住宅自体がリフォームをするように設計されていませんでした。その頃リフォームをするような住宅は戦後間もない頃に建てられた住宅で、質よりも量を求められた時代の建物だからです。 これにより、それが流行るのは1990年代になるまで待たなければなりませんでした。

その価格について知っておこう

1990年代になると、不況の影響から、新たに住宅を建てることが困難になったことや、リフォームをすることを前提に作られた住宅も多かったことから、工事をすることが流行ってきました。 金銭面で言えば、新築住宅を建築するよりも500万円から1000万円ぐらいは安く仕上げられるのです。ただし、全面工事を行う場合は一旦柱だけ残して解体しなければならず、重機が使えないため手作業で解体をするしかありませんでした。それにより重機を使うよりも時間とお金がかかったのです。 では、平均的な金額はどれくらいでしょうか。全面工事をして新しくする場合は700万円以上はかかります。 部分的に工事をする場合には50万円ぐらいからできます。